音楽スクール ドラム

ドラムのいい先生悪い先生

ドラムを習ってみたいなあと思ったことがあり、そのために音楽スクールの体験授業を3つ受講したことがあります。

 

当時ギターはやっていたのですが、

 

ドラムはまったくの無知だったのでちょっとやってみたいなあと思ったのがきっかけです。

 

 

 

ドラムって普通の家にはありませんしうちには置けないものでしたから、音楽スクールで体験してみるというのはとてもいい経験になりました。

 

 

 

その時に担当してもらった3人の先生が、

 

まったくバラバラの個性でとても面白かったのを覚えています。

 

 

 

一番最初に当たった先生は、私よりも5歳年下の若い先生でした。

 

 

先生自身もロックバンドのドラムをやっているということで、スクールで教えながらそのお給料で持ってバンド生活を頑張っているという人でした。

 

バンドを2つ掛け持ちしている、ということだったのでよほど疲れていたのでしょうか。

 

 

1時間の体験授業のうち、30分居眠りをされてしまいました。

 

 

私がではなく、先生が!居眠りです(笑)疲れてるんだなあと思ってそのまま寝かせてあげましたが・・・普通ならクレームものですよね。

 

 

私のような客でよかったと思ってもらいたいくらいです。

 

最後に行ったスクールの先生は、これまた最初とは正反対で還暦を過ぎたおじいちゃん先生でした。

 

 

おじいちゃん、と呼ぶのは憚られるほど若さ溢れる先生でしたが・・・。

 

素人の私からみてもとても味のある、まさにいぶし銀なドラマーさんでした。

 

趣味で先生をやっている、というような人でしたね。

 

ドラムはもとより、世間話で時間のほとんどが過ぎてしまいもったいないことをしたと思いました。

 

 

スクールには行きませんでしたが、その後、その先生のライブには何度がお邪魔しました。

 

とてもいい先生だったので、やっぱり通えばよかったなあと少し後悔しています。

 

 

こんな風に、先生といっても実に色々な人がいますので、音楽スクールに通うなら体験は必須だと思います。

 

遠慮することなく堂々と「体験授業を受けたいのですが」と電話で申し込んでみましょう。

 

 

これくらい堂々と居眠りされたら、許しちゃいますよね。

 

お勧めボーカルスクール↓↓↓

page top