ギターとベース

ギターとベース

ギターとベース学生時代にギターを始めようとアルバイトをしてお金を貯めていました。

 

ギターをしようと思ったのは文化祭の出し物で友人に誘われたことと、弾きながら歌うことができるなと思ったからです。

 

歌うことが昔から好きだったので、自分で伴奏がつけられたら面白いだろうなあと考えたんですね。

 

 

ちょうど私が始めたころは、ビジュアル系のバンドが大ブームでした。

 

周りの同級生にもバンドをやっている子がいましたが、みんな派手なエレキギターを手にしていましたね。もしくはアコギですね。

 

自分から進んでベースやドラムをやろうという人はあまりいなかったように思います。

 

 

学生時代ですから、やるなら目立ちたいという人が多かったんでしょね。

 

 

やっぱりエレキギターはバンドの華ですから、かっこよく弾くことができればあっという間に人気者です。

 

 

一方でベースやドラムはバンドを支える重要なパートであるにも関わらず、目立ち度で言えばギターになかなか勝てません。

 

 

ドラムは派手なソロを叩けばまだ目立ちますが、ベースで目立つのは至難の業です。

 

 

裏を返せば、ベースでお客さんを驚かせることができるくらいのプレイを見せられるというのは「相当の力量」がないと無理だということです。

 

 

まさに匠の楽器なのです。ベースがしっかりしているバンドは、演奏にブレがなくボーカルもしっかりと乗ります。

 

全体が安定するには、頼れるリズム隊が必要で、ギターの華々しいプレイもそのリズム隊があってこその代物なんですね。

 

 

今思えば学生時代にベースをやっておくというのもアリだったなと、振り返ってしまいます。

 

 

大人になると、ベースのほうが割と需要があったりするんです。

 

ドラムになるとさらに。やる人の絶対数が少ないので、需要も高まるんですね。

 

何の楽器を始めてみようかと悩んでいるなら、ベースも候補にいれてほしいですね。
ギターとベース

 

次のページ
クラシックギターと中学生

page top