ダブルネックギター

2本のネックの意味|ダブルネックギター

2本のネックの意味|ダブルネックギター
普段はめったにみかけませんが、1つのボディに2つのネックがついているギターがあります。

 

ダブルネックとかツインネックと呼ばれるギターですが、はじめて見たときは「なんじゃこりゃ?」と正直思いました。

 

 

存在意義といいますか、なんでこんなもの作ったの?としか思えなかったんですね。

 

 

 

こういうやつです。

 

 

いかついです(笑)こんな風にするなら持ち変えればいいんじゃない?というのが普通の感覚だと思うんですが、
アーティストと言う奴は違うんですね。そんなことしてる暇はねー!というのです。

 

 

画像のギターですと、12弦と6弦のギターがいっぺんに持ててしまうというわけです。

 

こういうのを使う理由として考えられるのは、例えばCDのレコーディングで6弦ギターで弾いた音と12弦の音を両方録音した時。

 

 

CDで聴くときはいいんですが、これをライブで再現するとなると、ギタリスト1人の力では無理ですよね。

 

 

いちいち持ち替える手間があると、再現できないというわけです。

 

 

こういうときに、ダブルネックがあると便利っちゃー、便利・・・。でも一般人が使う理由ってやっぱりあんまりない気がする・・・。

 

一度弾いたことがありますが、とにかく演奏はしづらいです。重いし!女性にはきつい楽器だなあと思いました。

 

 

あと派手すぎて恥ずかしい(笑)ギターケースがない!!!オーダーメイドで作らないとだめです。持ち運びも面倒だし・・・。

 

それならギター2本持つわ!と。

 

 

でも世界は広いもので、3本や4本、それ以上のギターだってあるんです。

 

また、ギターだけでなく片方をベースやマンドリンにしたものもあるそうですね。

 

種類の違う楽器なら便利かもしれませんが、

 

それはやっぱりそれを演奏する人をもう1人用意したほうがいいような・・・アハハ。それを言っては元も子もありませんね。

 

次のページ
ギターとベース

page top